マイオブレイス小児矯正とは

正しい歯ならびを「育てる」

正しい歯並びを「育てる」マイオブレイス小児矯正

マイオブレイスは、マウスピースを装着し、お口周りの筋肉バランス整えることで歯ならびを改善していくのが特徴です。 お口周りの筋肉のバランスが整うことにより、歯ならびの改善はもちろん、「正しい鼻呼吸」や「正しい飲み込み」「発音」にも効果がでてきます。 他の小児矯正と大きく違い、マイオブレイスが正しい歯ならびを育てる「トレーニング」だということです。 子どもが本来持つ成長する力を使うことで、より効果的かつ自然に歯をならべることが出来ます。

歯並びを悪くする原因にアプローチ

原因にアプローチする

「歯を綺麗にならべることではなく、歯ならびを悪くする原因である悪い呼吸・姿勢・お口の筋肉の使い方(筋機能)を正しくすること」から始めます。

推奨対象年齢は5歳~12歳

推奨対象年齢は
5歳~8歳

対象年齢は3歳から15歳です。
その中でも推奨対象年齢は5歳~8歳ですが、当院では3歳や15歳でも良い結果を得たお子様もいらっしゃいます。

マウスピース型装置をつけてトレーニング

マウスピース型装置
をつけてトレーニング

Myobrace(マイオブレイス)と呼ばれシリコン製のマウスピース型装置を、指導されたよう正しくはめることと、トレーニング(アクティビティー)に取り組むことよって歯並びの改善を促していきます。

Konohaこどもの歯ならびクリニックとマイオブレイス小児矯正

鴨川本院のこんどう小児歯科はマウスピースを使った、Myobrace System(マイオブレイスシステム)を
全国で3番目にMyobrace Memberに加盟し、Konohaこどもの歯ならびクリニックでも積極的に取り入れています。

マイオブレイス矯正は親子共々のモチベーションが重要な鍵となります。

スタッフも精一杯の手助けをさせて頂きますので、
一緒にしっかり取り組んでいきましょう。

お子さんの気になる癖ありませんか?

矯正開始

アゴの成長不足が原因かもしれません

いくつか思い当たることがあれば、お子さんのアゴの成長不足が関係している可能性があります。 顎の成長不足、つまり口腔機能の低下は食事、発話、呼吸、嚥下などに問題を生じさせることがあります。 マイオブレイスはアゴの成長不足(特に上アゴ)の原因となる口腔周囲筋の悪習癖を取り除くことで、歯列を矯正する治療です。つまり、アゴの成長不足の改善に適切な治療と言えるのです。

マイオブレイス小児矯正の3つのメリット
健康的な骨格と機能を作る

呼吸、嚥下などに有利な骨格を作る為に上アゴの前方成長を促していきます。また呼吸や嚥下、舌位、口唇閉鎖などのより良い機能をトレーニングによって獲得えお目指します。

上アゴの前方成長は、健康面はもちろん審美面でも大きなポイントとなります。矯正治療を行うことで、より自然な美しい顔つきに結びつきます。

シリコン製の柔らかいマウスピースの装着とトレーニングによる矯正で、痛みもなく、本人の負担もとても少ない矯正方法です。マウスピースの装着は起きている時に1~2時間と寝る時、トレーニングは1日2回 計5分間程度で、自宅にいる時に行うことが出来ます。

※成長度合いにより顎の成長を促す装置をつけることがあります。

マウスピースの装着について

通常、日中1〜2時間寝る時にマウスピースを装着し、1日2回、計5分程度のアクティビティを毎日行います。
学校につけていく必要はなく、ご自宅にいる時間のみで済んでしまいます。

なぜこんな簡単な方法で歯ならびを良くすることが出来るのでしょうか。
実は歯ならびが悪くなる原因の90%以上はアゴの成長不足(=顔の成長不足←ここが重要!)なのです。
そしてそれは口呼吸などで顔の筋肉のバランスが崩れることによって起こります。
こどもの成長の力を利用することで、より簡単により根本的な顔の骨格の問題を改善していくことが出来ます。
それは歯並びとともに健康面や見た目に大きな影響を及ぼします。

こどもはまだ
顔の骨格
(歯ならび
の土台)
が成長している
時期

歯ならびが悪くなるのはほとんどの場合、その土台となる骨格の成長が足りていないからです。

上あご(青い部分)の前方への成長

歯ならびの土台は上下のアゴの骨で、
特に大事なのは上アゴ(青い部分)
前方への成長です。

上あごが正しく前方に成長した顔は、成長不足の顔より魅力的

上アゴが正しく前方に成長した顔は、
成長不足の顔より
魅力的に見えます。

一方、成長不足の人は成長方向が下向き(垂直方向)に変わっていきます。
そうなると見た目は長い顔つきになっていきます。

上の絵の黒い方は成長不足の横顔を特徴的に表しています。
緑色の方は同じ子が正しく成長した場合の横顔です。

上あごが前方に成長することは実は健康面でも大きなメリットがあります

上アゴが前方に成長することは実は健康面でも大きなメリットがあります。

左の図で青い部分が上アゴの骨ですが、これが前の方にあることによって、鼻からの空気の通り道を広く確保できるのです。

逆に後方にあると、気道は縮まり、口の中のスペースが狭くなり、舌が後方(気道の方)に落ち込みやすく悪循環となります。

鼻呼吸の気道が確保しやすいということは、健康面で大きなメリットになります。
現在は中高年者だけでなく若年者の睡眠時の呼吸の問題が見られるようになってきています。
これは歯ならびの悪いこどもが増えていることと無関係ではないと思われます。

歯ならびが悪くなってきたら、
それは顔の骨格の成長不足
の兆候!

歯ならびが悪いことに気がついたら、早めに何かを始めた方が良いです。

当院では5歳以前のプレシステム、5歳以降ではマイオブレイスシステムでの矯正を行っています。

早い時期であればマウスピースの装着と簡単なトレーニングで成長を取り戻すことができます。もし、成長不足の程度が大きい場合はアゴの成長を促す拡大装置との組み合わせによって改善を図っていきます。

上アゴの成長期は小学校の低学年までで80%くらいを終えてしまうので、早い時期に成長不足を取り戻すことが大事になります。

特に前歯が飛び出している場合(いわゆる出っ歯)、上アゴは十分成長しているのではないかと疑問に思われるかもしれませんが、そういう子に関しても上アゴはむしろ後退気味であり、歯だけが前に傾斜していたり、下アゴがさらに後退しているように見えているのです。

クリニック情報

Konohaこどもの歯ならび
学研都市

〒829-0373 福岡県福岡市西区周船寺
3丁目25-18 アレグレッツァ1F

お気軽に
お問い合わせください。

Tel.0800-808-0402

診療時間 AM PM
水・金 15:00 – 20:00
土・日 9:00 – 13:00 14:00 – 19:00

休診日:月曜・火曜・木曜・祝日

求人情報


※現在スタッフ募集を行なっておりません。

募集がありましたら随時お知らせ致します。

初めて
の方
お問合わせはコチラ

PAGE TOP